tasvirzamine.com

高校生の時のカナダ旅行

カナダ、カナディアンロッキーの旅の魅力について 高校生の時の夏休みにカナダにホームステイに行きました。ホームステイの期間は3週間で、後1週間は大学の寮に泊まったりホテルでのステイでした。当時私は大阪に住んでいたので、空港は伊丹空港です。まだ関西国際空港が完成していなくて、1ヵ月後の帰りは関西国際空港だという結構珍しい経験をしたのではと今では思います。よく考えると飛行機に乗ること自体も初めてでした。一旦東京の空港に行き相当の時間待機して、そこからカナダへ7時間はかけて向かいました。その飛行機内でも乗り物酔いをしたりして、私の中ではかなりスリリングな旅の始まりになってしまっていました。

カナダに着いてまず最初に感じたのは匂いでした。日本と明らかに異なる匂いがしていました。最初正直に言うとちょっと辛かったのですが、次の日は全く感じなくなっていたので深刻な問題にはなりませんでした。後、初日に明らかに日本と違うなぁと思ったのが、外が暗くなる時間の違いでした。確か夜の21時くらいになっても明るくてビックリしました。気候は半袖がベストですが、カラッとしていてとても過ごしやすかったです。治安もとても良く、滞在期間中に全くトラブルはありませんでした。日本語表記のお店も結構あり、とても親近感がわきました。

Copyright (C)2018カナダ、カナディアンロッキーの旅の魅力について.All rights reserved.